小学生の英語学習なら英進研

英進研では、小学生の頃から塾で英語を学ぶことが重要だと考えています。その理由について、ご説明します。


英進研が「英語学習」で選ばれる3つの理由

中学校での大きな変化に対応

中学生からの授業はこんなに変化が!

  • 授業ペース
  • 中学1年2学期から、急にペースが上がる
  • クラブ活動
  • 部活が本格化して勉強時間の確保が難しい
  • 人間関係
  • 小学生の頃に比べて拡大・複雑化

30年以上前の中学生英語は、主に読み書きが中心でした。しかし、現在は「話す」「聴く」の比重が高まりつつあります。また、小学校で学ぶ英語は、主に英会話が中心です。しかし、中学生になると「英文法」が加わるため、多くの子どもたちが混乱しています。特に国語が苦手な子どもは、英文法も苦手になりがちです。

小学生と中学生では、さまざまなことが大きく変わります。この変化についていけず、戸惑ってしまうケースは少なくありません。
環境の変化に戸惑っている上に、さらに「英語」が加わることで、苦手意識が高まるケースが多いです。事前に自主学習のサイクルを身につけておくことで、中学の変化を乗り越えやすくなります。


「わかる!」「楽しい!」気持ちがやる気につながる

通うのが楽しくなります。


あらかじめ小学5、6年生で英語を学んでおくことで、子どもの自信につながります。「わかる!」「できる!」経験は、学習意欲を高めるもの。「できるからもっと頑張ろう」と思えるようなサポートを行います。



高校受験に備えた英語学習

多くのケースでは、中学校の先には、概ね「高校進学」があります。高校受験は5教科の総合力が求められるもの。仮に他の4教科がどれだけ得意だったとしても、英語が全くできなければ、大きなマイナスとなります。

英語の予習を行う気持ちで、少し早いスタートを切り、高校受験に備えましょう。